映画『ダム・マネー ウォール街を狙え!』公式サイト - 2024年2月2日公開

彼らがルールを変えた

SNS時代のマネー狂騒!全米を揺るがす社会現象を巻き起こした驚愕の“ゲームストップ株騒動”前代未聞の内幕をユーモア満載で描く実録エンターテインメント!

2024.2.2

FRI.

TOHOシネマズ 日比谷
ロードショー

劇場情報
オトクなデジタル映画鑑賞券ムビチケ

特別映像

ポール・ダノ インタビュー

90秒予告篇

30秒予告篇

『ダム・マネー ウォール街を狙え!』メイン写真
ウォール街の強欲エリートをぶっつぶせ!SNSで集結した個人投資家たちの大逆襲!

INTRODUCTION

イントロダクション

2021年初頭、アメリカの金融マーケットが激震する前代未聞の大事件が発生した。ネット掲示板に集った小口の個人投資家たちが、時代遅れで倒産間近と囁かれていたゲームストップ社(実店舗によるゲームソフトの小売り企業)の株をこぞって買いまくり、同社を空売りしていたヘッジファンドに大損害を与えたのだ。アメリカ各地に点在する無力な一般市民がSNSを通じて団結し、強欲なウォール街の大富豪にギャフンと言わせたこの反乱劇は、全米を揺るがす社会現象となり、日本でも大きな反響を呼んだ。

『ソーシャル・ネットワーク』(2010)の原作者でもあるベン・メズリックのノンフィクションに基づく本作の背景は、新型コロナのパンデミックによって社会全体が疲弊し、誰もが孤独と将来への不安に苛まれていた2020年~2021年。ネット掲示板の動画配信でゲームストップ社の価値を真摯に訴え続けた主人公キースと、彼の主張に共感して夢を追い求めた人々のジェットコースターな人間模様が、破格のサプライズとユーモア満載で繰り広げられていく。ウォール街のエリートと庶民の途方もない経済格差、投資環境が激変したSNS時代のマネーをめぐる狂騒など、まさしく世界の“今”をパワフルに射抜いた実録エンターテインメントが完成した。

『ダム・マネー ウォール街を狙え!』場面写真
『ダム・マネー ウォール街を狙え!』場面写真

STORY

ストーリー

コロナ禍まっただ中の2020年。米マサチューセッツ州の平凡な会社員キース・ギル(ポール・ダノ)は、全財産の5万ドルをゲームストップ株につぎ込んでいた。アメリカ各地の実店舗でゲームソフトを販売するゲームストップ社は業績が低迷し、倒産間近のボロ株と見なされていたが、キースは赤いハチマキを巻き、ネコのTシャツ姿の“ローリング・キティ”という別名義で動画を配信し、この株が著しく過小評価されているとネット掲示板の住民に訴える。すると、キースの主張に共感した大勢の個人投資家がゲームストップ株を買い始め、2021年初頭に株価はまさかの大暴騰。同社を空売りしてひと儲けをもくろんでいた金融業界の大富豪たちは巨額の損失を被った。やがてSNSに集った無力な一般市民が、この世の富を独占するウォール街のエリートに反旗を翻したこのニュースは、連日メディアをにぎわせ、全米を揺るがす社会現象に発展。しかし一躍、時の人になったキースの行く手には、想像を絶する事態が待ち受けていた……!

CAST

キャスト

STAFF

PROFILE
監督:クレイグ・ギレスピー 写真

監督

クレイグ・ギレスピー

Craig Gillespie

監督よりメッセージ

この題材について確実に言えること。それは、もし私が当時24歳の息子と一緒に暮らしていなかったら、私のレーダーに引っかかっていなかったということです。

ゲームストップ騒動は、単なる株取引の話ではありません。当時は、この国における新型コロナ、孤立感、社会不安が深刻な問題になっていました。そこに現れたのが “ローリング・キティ”です。

息子は早い段階でゲームストップ株へ投資していたので、私は息子を通して、ゲームストップの物語のスリルや興奮、フラストレーションや恐怖を味わえました。そのおかげで、作品を監督する際にはいつも出発点としている、感情のレベル、人間的なレベルでこの作品に取り組むことができました。

一人の平凡な男=“ローリング・キティ”の声を届けながら、観客を反体制的で大胆な体験に連れ出すこの作品が、ささやかながらもこの国の貧富の差に光を当て、現行体制を変えなければいけない、という議論を継続させる一助になることを願っています。

クレイグ・ギレスピー

KEYWORDS

用語解説

KEYWORD 01

ショート
(売り持ち/空売り)

株価の下落局面で利益を得ようとする投資手法。下がると見込んだ企業の株を、信用取引などを利用して“借りて売る”ことを指す。実際に下落した時点で買い戻すとその差額が利益になるが、逆に株価が上がると損失を被る。

KEYWORD 02

ショートスクイズ

株式市場で株価が急騰する現象の一例。マーケット参加者が大量にショート(空売り)されている株に買いを仕掛けて株価が上がると、空売り勢は損失を抑えるために買い戻しを迫られ、株価上昇に拍車がかかる。日本語では“踏み上げ”と呼ばれる。

KEYWORD 03

ヘッジファンド

一般向けの公募投資信託とは異なり、ごく限られた富裕層や機関投資家を対象とした私募形式の投信。さまざまな投資手法を駆使し、絶対リターン追求の運用を行う。

KEYWORD 04

ミーム株

SNSなどで話題になった“はやり株”のこと。ごく短期間のうちに株価が数十倍になることもあるが、下落時のスピードも凄まじい。ゲームストップ株はその代表例で、同時期には映画館チェーン運営会社のAMCエンターテインメントもミーム化した。

KEYWORD 05

WallStreetBets

ゲームストップ株騒動の発火点になった掲示板型ウェブサイト、レディット内のフォーラム。株式市場に関心を持つ人々がさまざまな意見を交わす一方、巨大掲示板につきものの粗野で攻撃的な内容なども見受けられる。

COMMENTS

著名人のコメント(順不同)

普通の人が一気に数億数十億の資産家に!? 映画だけどほんの少し前に実際に起こったリアルな話日本でも同じことも十分に起こり得るそれだけに、、「ドキドキ」しながら観ました!/テスタさん 株式投資家
さすがのマルクスも、階級闘争がこんな形で実現するとは、予想できなかったはずだ。莫大な資金で市場を支配するヘッジファンドをSNSで集結した個人投資家が打ち破る。痛快だが、金融資本主義の矛盾をあぶりだす傑作だ。/森永卓郎さん 経済アナリスト
アメリカのゲームストップ株が個人投資家の買いで急騰したことは、日本でも大きな話題になりました。この映画は、事実に基づき実名で描かれたもので、とても面白い。でも、危険で、私が言ってる猛獣狩りのような投資。この映画を楽しんだ人は、私のいう農業的な投資(誰でもできる)、優待株の分散投資で資産を増やし、人生を楽しんでいただきたい。/桐谷広人さん 株主優待家・プロ棋士七段
コロナマネーで咲いた徒花か、あるいは強欲なヘッジファンドを個人投資家たちが倒す市民革命なのか!? 狂乱のバブル相場でゲームストップ株を最後まで握り続け、億万長者になっていく主人公たちの手に汗握る実話。ダイヤモンドハンズ!/藤沢数希さん 作家・投資家・メルマガ週刊金融日記主宰
貧困が一般化した現代で、売らない選択を取れるだろうか。彼らはそうした。魂を、尊厳を、踏みにじるなという咆哮。庶民の底力を描き続けてきたギレスピー監督、今回も最高。/SYOさん 物書き
いつまでも、弱者のままではいられない。庶民であっても、主導権は自分たちにあり! お金の話なのに、清々しく痛快!/石川三千花さん イラストレーター
日本の株式市場でもたびたび話題になったロビンフッダーたちの暴走。株式投資をゲームとしか思っていない若者の愚かな行為と、どこかバカにしていた自分を殴りたくなる! そうじゃない! 企業価値に対してあまりにも割安な株を買うという、まさに王道の手法で、富を貪るヘッジファンドをやり込めた正義の実話だった!/藤川里絵さん 個人投資家
豪華キャストによる痛快で爽快な嘘みたいな実話。株価とともに乱高下していく彼らの運命はいかに?! コミカルとシリアスのバランスが絶妙で気付いたら夢中になっていること間違いなしです! 面白さが上昇トレンド!/松井咲子さん タレント
現代の社会のシステムの中では、権力や資産力を持ったものがいつも勝つ。でも例外もある。この映画は数少ない例外の瞬間を描いた映画だ。ありえないような現実の話を是非体験してほしい。/オカモトコウキさん OKAMOTO’S
なんという爽快感! 見えないウィルスの恐怖に怯えながら暮らしていた2021年。それでも“信じる力”を失わなかった人々がこんな奇跡が起こしていたのか…! 見た目はオタク、心はイケメンの主人公をポール・ダノが超好演!/赤ペン瀧川さん 映画プレゼンター
スマホで株取引が簡単に出来、日本では新NISAが始動し株式投資新時代の幕開け。分かりづらい株式投資の仕組みなどなどエンターテイメントで学べ、一般人と株との関わりの身近さも感じられます。株式投資も映画もタイミングが大事。観るのはまさに今!!!/渡辺広明さん 消費経済アナリスト
株や投資の話なんて小難しそう…と思ったら大間違い!99%側の窮民が1%の超富裕層に挑む【ダビデとゴリアテ】的階級闘争を、スポーツ映画が如き熱量と明快さで描き出す驚愕の実録エンタメだ!/ISOさん ライター
映画『ダム・マネー ウォール街を狙え!』公式サイト - 2024年2月2日公開

監督:クレイグ・ギレスピー

『クルエラ』『アイ,トーニャ史上最大のスキャンダル』

脚本:ローレン・シューカー・ブラム&レベッカ・アンジェロ 原作:ベン・メズリック

2023|アメリカ|英語|105分|カラー|5.1ch|ドルビーデジタル|スコープ|
原題:DUMB MONEY|字幕翻訳:橋本裕充
© 2023, BBP Antisocial, LLC. All rights reserved. 提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ